2012年03月17日

子どもにドライバー保険へ加入させれば、自宅保有の自家用車に年齢制限をかけておいて大丈夫ですか…?


Q 子どもにドライバーズ保険へ加入させれば、自宅保有の自家用車に年齢制限をかけておいて大丈夫ですか…?

A この質問に対する回答は NO です。

もしも、年齢制限のある自家用車に乗って事故を起こしても、お子さんの加入するドライバー保険で補償されません。




スポンサー

■ドライバー保険とは

ドライバー保険とは、「車を持っていない人が入る自動車保険」です。

通常の自動車保険は、車に保険をかけているため、運転者条件の範囲であれば誰が運転していても補償されます。

一方、ドライバー保険はその名のとおりドライバー、つまり運転する人に保険をかけるため、ドライバー保険に加入した人が運転するなら、どの車でも補償されます。

そのため、ドライバー保険は「自分で車を持っていないため、車を人から借りる機会が多い」人が加入する保険です。

ただし、ドライバー保険と自動車保険はいくつかの点で大きな違いがあります。


■ドライバー保険と自動車保険の違い

1)補償内容は対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害保険になり、車両保険はありません
2)年齢条件は21歳未満・21歳以上の2種類だけです。

■ 注意点

「親族が所有している車」や「会社名義の車」「業務中の事故」は補償されません

新しく免許を取ったお子さんが、ドライバー保険に加入しているからと言って、自宅で保有している車に年齢制限をかけていると、万が一、自宅の車に乗って事故を起こしても、保険は適用されません。

この点に注意しておきましょう。




スポンサー
posted by Office-ISC at 13:01| Comment(0) | ドライバー保険