2011年02月15日

昭和信用金庫 住宅ローン 口コミ情報 / メリットとデメリット

昭和信用金庫 住宅ローン 口コミ情報 / メリットとデメリット

昭和信用金庫 金融機関コード 1345


■ 昭和信用金庫  の住宅ローン メリットとデメリット

信用金庫で住宅ローンを申し込む場合、「様々な優遇金利がある」ことが大きなメリットです。
金利や手数料だけでなく、優遇金利を受けることができる条件も比較して検討しましょう。
ちなみに 昭和信用金庫の場合、以下の条件で、最大1.5%の金利が優遇されます。

◆ 優遇金利を受ける条件

●以下の項目のうち、3つ以上該当すると、−1.2%優遇されます。
1.公共料金「電気・ガス・電話・水道・NHK」のうち3つを、昭和信用金庫に口座振替を指定している人
2.給与振込みを昭和信用金庫に指定している人
3.年金受給を昭和信用金庫に指定している人
4.しんきんクレジットカードの決済を指定している人
5.定期預金の毎月の掛け金が1万円以上の人
6.定期預金残高が10万円以上の人
7.カードローンを利用している人
8.個人向けインターネットバンクを利用している人

●以下のうちどちらかに該当すると、−0.3%優遇されます
1.他行の住宅ローンを昭和信用金庫で借りかえる人
2.新築新規購入で、オール電化をされる方

■ 昭和信用金庫の住宅ローン 金利情報

3年固定金利 店頭表示金利  年 3.200%
店頭表示金利(固定)より最大▲1.5%優遇されます
5年固定金利 店頭表示金利  年 3.450% 
   店頭表示金利(固定)より最大▲1.5%優遇されます
10年固定金利 店頭表示金利  年 4.000%
   店頭表示金利(固定)より最大▲優遇されます
変動金利型 店頭表示金利   年 2.475%
平成22年12月にお借り入れの場合


スポンサー

■昭和信用金庫 住宅ローン商品 詳細情報

1)昭和信用金庫 住宅ローン商品名  「住まい上手」

2)利用いただける方・次のすべての条件を満たす方
○会員の資格を有する方
○お申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満((社)しんきん保証基金ご利用時は60歳以下)で完済時満80歳未満の方
○給与所得者は勤続年数1年以上、法人役員・個人事業者営業年数2年以上の方
○「(社)しんきん保証基金」または「全国保証(株)」の保証が得られる方
○団体信用生命保険に加入できる方

3)使いみち
本人またはご家族が居住するための住宅の購入・新築・増改築、他行住宅ローン借換資金

4)融資金額
50万円以上 8,000万円以内(1万円単位) ※(社)しんきん保証基金利用時
10万円以上 6,000万円以内(1万円単位) ※全国保証(株)利用時

5)ご融資期間    35年以内

6)保証人・原則として不要です。保証会社の保証をご利用いただけます。

7)保証料    保証会社によって異なる
・113,690円  ・142,110円  ・198,960円

8)事務手数料   52,500円

9)団体信用生命保険
原則として昭和信用金庫指定の団体信用生命保険に加入いただきます。
保険料は昭和信用金庫が負担いたします。


スポンサー
posted by Office-ISC at 22:20| Comment(0) | 昭和信用金庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: